大根の読書日記

読書好きの理系男が だらだら 書いてます

復唱、確認はシッカリと

こんばんわ。

 

今週、初歩的なミスをやらかしました。

 

上司にたのまれた発注
口頭で頼まれてメモした際によく似た名前の別の製品と聞き間違えて
それに気が付かずに注文してしまいました。

指示を受け取った際に復唱はしました。しかし、ミス。


私は活舌が悪く、喉が渇きやすいため
聞き取り辛いといわれることがしばしばあります。

電話の際は特に意識しており
電話をかけるときは水を飲んでからにしています。
そのかいあってか電話では間違われたことはなかったのですが
久々にやってしましました。

 
今後の対策 

 

  • うっとうしがられても時間とお金のロスをなくすために
    確認は複数回とること。
  • 商品名が長いときは、途中で区切ってハッキリゆっくり復唱すること。
  • 聞き取り辛いものは分かりやすく言い換えること。

   (例1)シチとイチ→ナナとイチ

   (例2)D(ディー)とB(ビー)→デンマークのDとブラジルのB

  • 今年に入ってできていなかった音読トレーニングを再開すること。


まとめ

 疲れてくると慣れた作業であっても

慣れた作業だからこそ、どうしてもうっかりがでてしまいます。

寒暖の差が大きく疲れが出やすい春はなおさら。

皆さんも気を付けましょう。


ではまた。