大根の読書日記

読書好きの理系男が だらだら 書いてます

言葉って面白い 好酷

こんにちわ。

 

先日、「好酷」という中国語を教わりました。

「酷」ってはいっているけれど…

 

酷(クー ku 第四声↓)は
文字通り「ひどい」という意味も中国語でもあります。

 

しかし「好酷」で「とてもかっこいい」となるようです。

台湾でも使われているそうですね。

 

なんでも英語のcoolと音が似ているので
つくられた外来語だとか。

日本はカタカナで外国語を取り入れますが
中国や台湾でも外来語を音でとりいれるのだなぁ、と面白かったです。

 

それにしても中国語は難しいですね。
未だに子音は自信がありません。

今年中に中国語検定3級取得を目標にしているのですが…
ぼちぼち頑張ります。


ではまた。