大根の読書日記

読書好きの理系男が だらだら 書いてます

年を取って変わったこと

こんにちは。

私はこの前、また一つ年をとりました。
アラサーという若いとも熟年とも言えない年頃ですが
わが身を振り返ってみました。


▼できなくなったこと
・お酒を飲まなくなった
若いころ、友人と飲み会などで月に2,3回飲んでいたものです。
周りが結婚して飲む機会が減り
飲める量が20代中頃から減り
おまけに薬が手放せなくなって、全く飲まなくなりました

・小説を読む量が減った
学生の頃は一日一冊、なんて言っていました。
しかし入社して2年経ったころ、後輩の姿を見て
自分の才能の無さ、学生時代の勉強不足に気が付きました。
それからというもの
小説を読むことより、専門分野や語学の勉強を優先するようになりました


▼できるようになったこと
・体が強くなった
自分のできることを増やそうと社会人になってから体を鍛え始めました
運動が脳や心の改善にプラスの影響を与えることを学んだことも大きいです。 

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (74件) を見る
 

 毎日の筋トレや土日の運動を欠かさなくなりました。
ロードバイクも始めました。
風邪にかかりにくくなりましたし
職場の先輩や親にも明るくなったといわれます。
「健全なる精神は健全なる身体に宿る」ですね。

・日々の勉強
学生の頃から、計画性なく試験の前に勉強するタイプでした。
社会人になってからは分からないことがあれば調べるくらいでした。
今は、必要になりそうな知識や技術は先に取りに行くようになりました。
人に教えていただくのにためらわなくなりました。


▼まとめ
年を取るごとに
できること、できないこと
得意なこと、苦手なことがはっきりと見えてきました。

だんだん一年が早くなり、優秀な後輩がどんどん入ってきます。
得意なつもりだったけれど
はるかにすごい人がいることもよくあります。
それでも落ち込んでいる時間はもったいない
ちょっとでも立派な人間になろうと考えられるようになったこと。
それだけでも成長できたと思いたい、今日この頃です。

 

愚痴っぽい駄文、失礼しました。

ではまた。