大根の読書日記

読書好きの理系男が、読んだ本や調べたことについて、だらだら書いてます

口の中の水銀 歯科アマルガム だるさ、アトピーの原因に

昨日の記事で、水銀はあちこちにいるという話をしました。

実は、人によっては口の中にいるようです。それも大きな塊が。というわけで今回は歯科アマルガムについて取り上げたいと思います。

昔、虫歯に詰め物をして、全身のだるさ、冷え性、頭痛、アトピーに困っている方。

それは歯科アマルガムのせいかもしれませんよ。

 

そもそも歯科アマルガムとは?

虫歯に詰め物。お世話になっている方も多いと思います。素材は大きく分けて、樹脂と金属の2種類に分けられます。金属詰め物は、現在の日本では金やパラジウムの合金が使われています。しかし、水銀を含むアマルガムが1980年代まで主流でした。

歯科アマルガム

水銀50%、銀35%、スズ9%、銅6%、少量の亜鉛

からなります。

水銀とはいっても、合金としては結構安定で、健康被害はないと長い間言われていました。実際、詰め物としては100年以上の実績があります。また、安価なため、途上国ではいまだに使われているようです。

 

 

 

各国の規制

しかし水銀を使うため、欧米では少しずつ規制が進められてきました。

日本では2013年9月に日本 歯科医師会より歯科用アマルガムの廃絶に取り組んでいく旨の見解が出されています。この見解では、安定していることから、う蝕 の再発等が確認されない限り、原則として除去 すべきものではないとされています。

一方で、以前から歯科医の間では健康被害が指摘されています。

また、詰め物をした人の場合、食事や歯磨きの際に水銀蒸気が発生する可能性が、国会の答弁においても指摘されています。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/153/touh/t153002.htm

 

主な症状

慢性疲労、低体温症状、記憶障害が指摘されています。

水銀中毒の症状と病気 | 歯科アマルガムの安全な除去と水銀デトックス

また、アトピー性皮膚炎頭痛の原因となっている例も報告されているそうです。

世界で禁じられた金属『アマルガム』がアナタの口に入ってます。本当に怖い、銀歯という歯の詰め物。 | どくらぼ

このページによると、アトピーアマルガム除去によって症状が劇的に改善したとのこと。

銀歯の詰め物をされた方で、原因不明のだるさ、頭痛に悩まされている方は確認した方がいいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

症状がなければ処置する必要がないというのが、公の見解です。

一方で、未だに歯科アマルガムによる健康被害は医師の間でも、あまり知られていないようです。

原因不明の体調不良に苦しんでおられる方、古い詰め物に心当たりのある方は調べてみた方がいいかもしれませんね。

                  

ではまた、次回。