大根の読書日記

読書好きの理系男が、読んだ本や調べたことについて、だらだら書いてます

身の回りの化学③ コンディショナーの成分 (陽イオン界面活性剤?)

勝手に連載しております、身の回りの化学も3回目。

今回はコンディショナーの成分です。

 

陽イオン界面活性剤の役割

シャンプーの石けんは親水部分が陰イオンの、陰イオン界面活性剤です。

髪に残っていると静電気の原因になり、痛む原因になります。

陰イオンを中和するために、コンディショナーに含まれているのが

陽イオン界面活性剤です。

 

陽イオン界面活性剤の成分

有名(?)なのがセトリモニウムクロリドです。構造はこんな感じ。

f:id:suzushirotohon:20170628222658p:plain

陽イオン界面活性剤の効果

電荷を中和することで柔軟剤としても働きます。

静電気による切れ毛などのダメージを防ぎます

髪のダメージを回復するのではありません。

洗浄力は弱いです

 

陽イオン界面活性剤のデメリット

現在、使用されているうち、多くが4級カチオン(Nに四つ炭素Cがくっついていて、電荷がプラスになっている)構造を持っています。

この構造を持ったものは皮膚に残りやすく、刺激性が高いといわれています。

多くが~トリモニウムというのが名前が入っています。

皮膚へのダメージが少ないアミノ酸系両性界面活性剤が開発されているようです。 

 

まとめ

調べるとコンディショナーも気を付けて使う必要があるようですね。

比較的、刺激の少ないものでも、基本的に界面活性剤はタンパク質を変性し、皮膚にダメージを与えます。 

 髪を洗ったらしっかり水洗いしましょう。

 

ではまた、次回。