大根の読書日記

読書好きの理系男が、読んだ本や調べたことについて、だらだら書いてます

日記とポジティブさと

半年前、仕事がしんどくて心療内科医に足を運びました。

 

仕事がちょうど忙しい時期というのもありましたが

なかなか成長が見えない、簡単なミスがなくならない自分が嫌で。 

朝起きるのが、つらかった。

 

月に一度の通院。今日も病院にいって薬をもらってきました。

幸い、持ち直すことができ、今も社会人生活を送れています。

 

なんとか暮らせているのは、薬だけでなく

先生に勧められた日記が大きいと思います。

 

日記のポイントは

その日、自分が成し遂げたこと、楽しかったことを

ちょっとしたことでも書くこと。

 

毒を吐く日記も悪くないけれど

私にはこっちの方があっていたようです。

 

あ、このころより成長したな

こんな面白いこともあったな、と

読み返したとき、ちょっと楽しい気持ちになれますし。

 

次回から何回か

日記を書くときに参考にしている本を紹介させていただきたいと思います。

 

 

ではまた、次回。