大根の読書日記

読書好きの理系男が、読んだ本や調べたことについて、だらだら書いてます

第13回 「赤青鉛筆イラストbook」を読んで

先日、図書館をさまよっていたら、表紙に惹かれてこちらの本を手に取りました。 

 赤と青の二色の色鉛筆だけで、文字やイラストを華やかに、わかりやすくできるという本です。

 

イラストで、素材ごとに色を交互に使うだけでずいぶんわかりやすくなるものですね、驚きました。

 

特に、文字にアクセント加える方法について、詳しく解説してあり、勉強になりました。

はがきや付せんで活躍しそうです。

 

イラストレーターさんというのは、色々なアイデアや技をお持ちなんだなぁと感心しました。

 

使い分けは経験が必要そうなので、ボチボチ練習して行きたいと思います。