大根の読書日記

読書好きの理系男が、読んだ本や調べたことについて、だらだら書いてます

無料の科学雑誌をご紹介 THE CHEMICAL TIMES

最近は便利なもので、無料で読める科学雑誌があります。

今回は THE CHEMICAL TIMES をご紹介します。

  • どんな雑誌?

関東化学が発行している化学雑誌です。1950年に創刊、年に4回発行されています。関東化学のホームページからPDFで読むことができます。

 

関東化学は1944年に設立された、日本の総合試薬メーカーです。試薬、電子材料、臨床検査薬、化成品を得意とされています。

 

  • 内容は?

主なシリーズは以下の通りです。

感染症四方山話」

筆者様が感染症学に入った経緯や、敗血症などの感染症に関する記事が書かれています。オススメは「家庭でできる微生物実験」です。家にあるもの、例えば納豆菌と酢、食塩、重曹で微生物実験ができるというもので、子供も(多分)楽しめる内容になっています。

 

  • 千葉県衛生研究所 医学博士 福田 芳生

「魚の寄生虫の話」「恐竜王国へようこそ」「私の古生物誌」

専門の寄生虫の話だけでなく、古生物(!?)についての記事を書かれています。

オススメは「生きている化石カモノハシ」です。カモノハシを骨格などから分析しており、大昔のカモノハシには歯があったことは個人的には衝撃的でした。

 

関東化学株式会社検査部 井上 達也 

化学分析における基礎技術の重要性

専門家の方が書かれた、分析の話が数多く載せられています。オススメは「正確な分析の背景」です。試薬の計量の際の一滴、これについてここまで考えているのか、とズボラな私は戦慄しました。普段から気を付けようと思います、はい。

 

ちなみに2017年 No.2号は食品衛生特集でした。近年は、薬剤耐性菌やアレルギーに関しての記事が多い気がします。

全体的に専門的で、科学の予備知識がないとちょっとキツイですが、説明が詳しくて勉強になります。

 

 

やっと理系っぽい記事を書けてほっとしております。

ぼちぼち科学雑誌の記事をあげていきたいと思います。

 

ではまた次回。

{TOEIC(R)テスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法}を読んで

今日、友人とTOEICを受けようという話になりました。

次回は2017年9月10日(日)。三か月ぐらいですね。

 

大学生の頃に受けて、600点をぎりぎり超えるぐらいでした。

あれから、数年。もう、すっかり英単語も抜け落ちてしまっているので

また、一からスタートです。

 

そこで、以前買ったこちらの本を引っ張り出してきました。 

 この本は、600点/730点/800点/860点/900点/950点/990点の7つの目標スコアごとに

足りていない英語力の解説がされるとともに

勉強法が紹介されています。

 

例えば私の場合,また600点からですので

単語力と文法力の基礎を固めることが対策になります。

 

2015年著なので少し前の情報になりますが

オススメの参考書も記載してあり、具体的な対策を立てられます。

 

これを読んで、ぼちぼち頑張ります。

 

 

ではまた、次回。

カフェインと脳について


眠いけど仕事をいけない、そんな時、頼りになるのがカフェイン。けれど、思ったより使い方は難しいようです。今回はそんなカフェインについて調べました。

 

 

 

・カフェインが効く時間

カフェインは口に入れてから効果が出るのは30分後、90~150分で切れ、切れると急激にだるくなってしまいます。飲んでもすぐには効果が出ないようです。少し集中力が落ちてきたな、というぐらいで飲むのがいいのかもしれません。焦って追加すると、下に書きましたが、デメリットが。

 

・カフェインの制限量

カフェインには中毒症状があります。そのため、制限が…

http://www.skincare-univ.com/article/036343/

一日400 mg、コーヒーだと3~4杯でオーバーする量です。結構、少ないですね。また、一回につき2杯以上飲むと集中力強化より、不安感と記憶力が低下するというデータもあるようです

 

つつくと、睡眠障害だけでなく、不安感、めまい、ふるえなどの症状尾も。気を付けましょう。

 

・デメリットへの対策

オススメは乳製品です。乳製品はカフェインの吸収を穏やかにし、だるくなるのも抑えられます。加えて、牛乳に含まれるトリプトファンが、集中力と記憶力を遅効的に強化します。この観点から、ただのブラックコーヒーより、ミルク入りが良さそうです。私はいつもカフェオーレ。いや、ただブラックが苦手なだけですが…結果オーライ。

 

 

結構、色々、注意事項がありましたね。私も今回調べていて驚きました。

でも活用できれば、心強い味方です。

皆さんも、気を付けてカフェインを活用していきましょう。

 

 

ではまた、次回。

食べる順番と「セカンドミール効果」

引き続き、食事と脳について調べております。

今回は、セカンドミール効果についてまとめたいと思います。

 

食事は野菜から食べると血糖値の上昇を抑えられるという話は以前から知られています。

 

セカンドミール効果は、「1回目の食事が2回目の食事にも影響を与える」という考え方のことです。

食べる順番も大事!「セカンドミール効果」って?|大塚製薬

 

GI値の低い食べ物は、次の食事による血圧上昇も抑えられるという結果が報告されています。

 例えば、朝食をバナナやシリアル、ナッツにすることで昼ご飯による血糖値上昇を抑えられるというのです。これはすごい。

 

早速、明日の朝ごはんはシリアル…

いや、高いのでバナナにしときます…

 

 

ではまた、次回。

{図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった!}を読んで

タイトルが長めで申し訳ありません。

今回はこちらの本を読んでみました。 

図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった!

図解でわかる最新栄養医学 「うつ」は食べ物が原因だった!

 

 なんと、バランスの悪い食事がうつの原因になるという話です。

 

栄養が足りないと、頭が回らなくなる、これはわかりやすいです。

一方で、糖質過剰摂取による低血糖が、脳に悪影響を与え、さらには、うつ病の原因になる、ということが書かれています。

 

私は甘党で、ストレスがたまるとついつい、甘味に手がのびてしまいます。けれど、それはかえって悪循環への入り口になりかねないのですね。

 

とても勉強になりました。気を付けます。

何事もほどほどに。

 

 

ではまた次回。

ブドウ糖と集中力

先日、紹介したNバック課題を引き続きやっております。

 

最初の1週間は一気に伸びたのですが、その後、N=3高速がさっぱりクリアできません。集中力が続かないのがどうにかならないか、ということで栄養面から見直すことにしました。

 

今回はブドウ糖と集中力についてまとめようと思います。

ブドウ糖は脳の燃料。足りなくなると動かなくなります。でも、いっぱいとれば良いというわけではないようです。

 

グリセミック指数 - Wikipedia

GIはグリセリンインデックスのこと。高いほど、血糖値が上がりやすいことを意味しています。

血糖値は急激に下がる時、イライラしやすく、集中力が落ちる傾向にあります。そのため、できるだけ、低GI値の食品が望ましいとのことです。では、どのような食品がよいのでしょうか。

たまごや|食材別GI値一覧表

出典によって多少違いますが

食パン>じゃがいも>うどん・白米>コーンフレーク(製品によって上下あり)・とうもろこし>ライ麦パン・玄米・バナナ>りんご

という傾向のようです。

玄米に置き換えるのは難しいですが、朝ごはんをバナナにしたり、パンをごはんに変えるだけでも違うようですね。

 

  • 間食

ブドウ糖は頭のエネルギー。低GI食品といえども3時間もするとエネルギー切れがはじまります。頭のパフォーマンスを維持するには追加が必要です。けれど、ここで高GIでは元の木阿弥。

やはり間食も低GIがよいとのことです。

フルーツが理想ですが、職場でそれは無理。個人的にはこんにゃくゼリーSOYJOYが好きですかね…

 

ぼちぼち、食事について勉強してみようと思います。

 

 

ではまた次回。

「筋トレを続ける技術」を読んで

先日、運動が脳に良い、という本を読みました。

 

しかし、運動不足な私。

近所にジムはないし、いきなりランニングはちとハードルが高い。

ということで、昔、少し使っていた本を引っ張り出してきました。 

 この本は、室内で道具なしでできるトレーニング法がイラスト付きで紹介されています。

 

体脂肪燃焼、細マッチョなど、目的ごとのコースもあるので、まず、体脂肪燃焼コースとウォーキングから始めております。それでも結構、疲れますね…先は遠い…

 

千里の道も一歩より

ぼちぼちやっていきます。

 

 

ではまた次回。