読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大根の読書日記

読書好きの理系男が、読んだ本や調べたことについて、だらだら書いてます

第8回(2017/05/23) 海のプラスチックごみについて

本日のニュースでこのような記事がありました。

headlines.yahoo.co.jp

海のゴミは年々、増え続けています。中でも特に問題になっているのはプラスチックごみです。自然界では分解されにくいためです。これまでに、大きく分けて3つの影響が指摘されています。

 

・影響①野生動物が誤って食べる

野生動物がプラスチックの破片をえさと間違って食べてしまうケースが多く知られています。例えば、海鳥のなんと90%が食べてしまっているという報告がオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)によってされました(参考文献1)。消化できないため、消化器官に蓄積し、消化スペースが確保できなくなってしまいます。他にも、ウミガメが食べてしまった例などが、しばしば報告されています。

 

・影響②マイクロプラスチックの影響

最近、明らかになった問題としてマイクロプラスチックによる汚染が指摘されています。マイクロプラスチックとは、要はミリ単位、あるいはそれ以下のサイズまで小さくなったプラスチックの破片のことです。(サイズなど、細かい定義は専門家の中でも決まっていないようです。)あまりにも小さいため、動物プランクトンが植物プランクトンと間違えて食べてしまうことが分かりました(参考文献2)。動物プランクトンから始まる海の食物連鎖によって、様々な動物の体に影響が出ると考えられます。①と異なり、誤飲でなく、普通の食事でも口に入ってしまうリスクが高まるからです。例えば、小魚の中に1 mm以下のプラスチック破片が入っていても、間違って食べてしまいそうですね。

 

・影響③有害物質の濃縮

昔、使用されていたPCBなどの有害物質が、マイクロプラスチック上に濃縮されて、②によって動物の体へ蓄積しやすくなる、という説があります(参考文献③)。PCBというのは、ポリ塩化ビニルのことです。昔は油や塗料など広く使われていたのですが、カネミ油症をきっかけに使用禁止となった物質です。

 

まとめ

②と③はまだ、研究途中で正確な影響は不明です。しかし、人が捨ててきたプラスチックが思った以上の悪影響をもっている可能性は高そうです。生物分解性プラスチックなど、代替技術の開発も進んできてはいます。しかし、まずはゴミはきちんと分別して、適切な場所に捨てるようにしましょう。ヒトの、そして地球の生き物の未来のために。

 

なにやら大仰な表現になってしまい、申し訳ありません。

ではまた、次回。

 

 

参考文献

1)ナショナルジオグラフィック日本

海鳥の減少とプラスチックの関連について説明されています。

 

2)東京大学海洋アライアンス 海洋海のマイクロプラスチック汚染

 海のマイクロプラスチック汚染:ニュースがわかる海の話│東京大学 海洋アライアンス

 マイクロプラスチックが海洋でどのように広がるかも解説されています。

 

3) クローズアップ現代 2015年10月29日(木)放送

海に漂う“見えないゴミ” ~マイクロプラスチックの脅威

海に漂う“見えないゴミ” ~マイクロプラスチックの脅威~ - NHK クローズアップ現代+

マイクロプラスチックによる影響、技術的課題と今後の展望について述べられています。

 

 

・こちらもオススメ

興味を持たれた方には、こちらの本がおすすめです。 

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する

プラスチックスープの海 北太平洋巨大ごみベルトは警告する

 

 2012年出版でやや古い情報ですが、早い時期からマイクロプラスチックについて警鐘を鳴らしていた方々が書かれた本です。海の生き物を食べるのが少し怖くなりました。

第7回 甲子夜話を読んで

第4回(2017/05/19) 白いカラスで触れました、甲子夜話を紹介したいと思います。

今回はダイブ、マニアックです。

ちなみに読み方は「かっしやわ」らしいです。

 ①そもそも何?

江戸時代後期の平戸藩主、松浦静山の随筆集です。執筆時期が、ちょうど文政から天保で、田沼意次松平定信の政権時期をカバーしており、しかも、政治、大名の様子から庶民の暮らし、噂話に至るまで幅広い話題を抑えているため、当時を知るための貴重な資料になっています。量がそれなりの多く、まとめた平凡社東洋文庫の本は甲子夜話6巻、甲子夜話続編8巻、甲子夜話三篇6巻の全20巻構成だったと思います。

 

②感想

文語体で読みづらいですが、話題が豊富で、慣れれば結構楽しめます。文庫版の第1巻は原作巻一から巻十九該当ですが、この中で一番のお気に入りは2つあります。

1つ目は巻十一の三一「寺坂吉右衛門、義士に非ざるの実事」です。これは、赤穂浪士でただ一人切腹を免れて、その後も遺族に仕え、江戸で八十三歳の天寿を全うした方についての記事です。赤穂浪士討ち入りは1703年、松浦静山が生まれたのが1760年ですので、執筆する数十年前の事件ですが、当時知られていたこと、考えられていたことが分かって興味深かったです。

2つ目は巻一の四六「加藤清正一番鑓の話」です。加藤清正が、はじめて一番槍をしたとき、どのような心境だったかを子孫に伝えた、という話。虎退治の逸話などで勇猛果敢なイメージの清正でしたが…なかなか新鮮でした。

他にも、当ブログ第4回でふれた巻四の六「白烏の話」や、巻二の三四「猫の踊の話」などが記載されていて、第1巻だけでもかなり楽しめました。

 

③まとめ

などど、かなり読み込んだようなことを書いてきましたが、まだ続編と三篇には手が出ておりません。少しずつ読み進めておりますが、なかなか。ぼちぼち読み進めたいと思います。本屋でも図書館でも、なかなか無い状態ですが、江戸時代好きには、かなりオススメです。読んでいただければ嬉しいです。

 

ではまた、次回。

 

 

追記

・甲子夜話の一部は下記のサイトで読むことができます。

    松浦静山の部屋

http://w01.tp1.jp/~g151318965/rousseau-method-matsura-seizan.html

松浦静山の11女、中山愛子は明治天皇の祖母とのこと。平戸城天守内には「明治天皇と松浦家」コーナーがあります。

 平戸城公式サイト

http://www.hira-shin.jp/hirado-castle/

第6回 折り紙をはじめてみて

 手先の不器用さを直したい。そう、相談したら折り紙が良いとの意見をいただき、少し前から、折り紙を始めました。

 

この本で勉強しています。 

 

基本的、と言われている折り紙50種類について、日本語、英語の両方で説明されています。英語でどう説明するか、というのも勉強になります。

 

鶴、馬、バッタ。子供の頃に少し折ったことがありましたが、意外と難しいですね。特に鶴とかの、とがったところがうまくいきません。まだまだ先は長いですが、気長にやっていきたいと思います。

  

ではまた、次回。

第5回 「アルビノを生きる」を読んで

白いカラスの記事を書いていたら、以前に読んだ「アルビノを生きる」を思い出したので、紹介させていただきます。

 

アルビノを生きる

アルビノを生きる

 

 

・あらすじと感想

アルビノとして生きておられる、多数の方々の話が寄せられています。髪の色だけでなく、目に弱視などの障害が多いことは、この本を読んで初めて知りました。さらに、一部がヘルマンスキー・パドラック症候群と呼ばれる重篤な症状で苦しんでいるけれども、医療機関でもあまり知られていないことも。症状だけでなく、支援の不足やいじめなどのつらさについて、一人一人の体験談が簡潔に述べられているがゆえに、かえって、ずっしりと心にきました。そして、そんな逆境でも力強く生きている方ばかりなのが印象的でした。

 

下のホームページも勉強になりましたので、紹介させていただきます。

 

ではまた次回。

 

・参考

日本アルビニズムネットワーク – JAN

http://www.albinism.jp/about_albino/inheritance/hps/

日本国内のアルビノの方、アルビノ当事者のご家族を支援するグループが運営しているサイトです。アルビノと遺伝の関係、関連する症状など詳しい説明がされています。

第4回 白いカラス

先日のニュースで、白いカラスが話題になりましたね。写真の神秘的な美しさに誘われて、筆をとりました。今回はアルビノと、日本における白いカラスの立ち位置についてまとめたいと思います。

 

 

皮膚や髪に色がついているのは、メラニンという色素のせいです。濃いと黒く、薄いと白くなります。この色素をつくることができず、白くなった動物をアルビノといいます。

 

 

・体が弱い

メラニンは、動物の体では紫外線を防ぐ仕事をします。アルビノメラニンをつくれないので、皮膚が日光にとても弱いです。メラニンは目も守っているので、眩しく感じやすいといいます。さらに、色素欠乏のため、視力が弱かったりすることが多いようです。

・敵に見つかりやすい

白く、風景の中で目立つことが多いため、他の動物に見つかりやすいです。天敵に襲われやすい上、獲物も捕まえづらいという話もあります。

 

  • めでたい、とされたこともありましたが…

 他の白い動物と同じく、古くからめでたいもの、として扱われているようです。平安時代延喜式、祥瑞考には、めでたい動物として白烏が記載されています。祥瑞(しょうずい)というのは、めでたいしるしのことです。これに含まれる動物はとても縁起が良いとされ、朝廷に献上すると、領地などの褒美が与えられる場合もありました。他の動物としては、白馬や三本足の烏などが延喜式には記されています。

 

 一方で、江戸時代の随筆、甲子夜話の『白鳥の話』には、縁起が悪いという話が載っています。中川領(中川氏が治めていた現在の大分県の一部である岡藩のことか?)ではシロカラスの音が「城を枯らす」にも通じるため、見つけ次第駆除していたとのこと。日本人は音による縁起担ぎが好きですけど、これはとばっちりもいいところですね。

 

  • 目撃例

 

日本でもしばしば見つかっています。以下に動画を紹介させていただきます。

2007年岩手県釜石市 http://www.nicovideo.jp/watch/sm982962

2015年香川県三豊市 http://www.nicovideo.jp/watch/sm26673024

 

まとめ

白いカラスは、めでたいとされた時代も、不吉とされた時代もあったのですね。自然界でアルビノが生きていくのは、とても難しいとのこと。せめて穏やかに生きて行けることを願い、今回は筆をおかせていただきます。

 

ではまた次回。

 

 

参考文献

・延期式

平安時代の法律です。国立国会図書館のホームページから原文が読めます。

原文 国立国会図書館 延喜式考異. 附録下 祥瑞考

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/786833

 

・甲子夜話

江戸時代後期の平戸藩主、松浦静山の随筆集です。文語体で、読みづらいところもありますが、話題が様々で飽きません。後日、これについての記事も上げる予定です。

 

第3回 動物の絵本①「トガリ山のぼうけん」と「14ひき」シリーズ

前回は動物豆知識の本でしたので、個人的に気に入っている動物の絵本をご紹介します。今回は、「トガリ山のぼうけんシリーズ」を紹介させていただきます。

 

トガリ山のぼうけんシリーズ

トガリ山のぼうけん 全8巻

トガリ山のぼうけん 全8巻

 

 全8巻。トガリネズミのおじいさんが、孫たちに若いころの冒険の話をするお話です。この絵本のトガリネズミ達はトガリ山に上ることで一人前として認められます。動物たちはお互いに会話もしますが、食べるため、生き残るために戦いもします。若い頃のおじいさんが、何度も死にかけながらも、様々な動物との出会いをして、一歩一歩成長していく、そんな物語です。

 

 筆者はいわむらまずお。動物の絵本を書かれている方です。14ひきのシリーズの方がメジャーかもしれません。

14ひきのシリーズ 12冊セット(全12巻)

14ひきのシリーズ 12冊セット(全12巻)

 

14ひきのねずみの大家族の暮らしを描いた絵本です。にぎやかで楽しくて、こちらもオススメ。

 

児童向けですが、特に「トガリ山のぼうけん」は未だに手元に置いて楽しんでおります。どちらも知名度が今一つで、おいている図書館が少ないですが、読んでいただけたら幸いです。

  

ではまた次回。

 

 

追記

絵本が気に入った方は、いわむらかずお絵本の丘美術館もオススメです。

絵本の販売所や、絵本をテーマにした美術館、軽食所、農場や展望台があります。

のんびりした雰囲気が良かったです。

詳しくは下のホームぺージをご覧ください。

 

絵本の丘

http://ehonnooka.com/?page_id=11

第2回 オススメの動物の雑学の本・動画

某アニメに誘われて、動物本を読み漁っておりました。

個人的に面白かった本と動画を3点ずつ、ご紹介します。

 

動物の本

・知識ゼロからの珍獣学

知識ゼロからの珍獣学

知識ゼロからの珍獣学

 

学、と書いてありますが、学問ではありません。ツチブタやメガネグマなどのメジャーな珍獣(!?)について、広く浅く説明されています。とはいうものの、豆知識だけでなく、特徴的な体の部位や、進化の道筋まで触れられています。それぞれ説明は2ページ以内ですが、なかなか盛沢山でした。

 

すごい動物学

すごい動物学

すごい動物学

 

 ネーミングとは裏腹に、やや学問側に突っ込んで、動物の生態、誤解などについて解説されています。といっても堅苦しさは感じませんでした。著者の、大学での研究や、動物園の職員時代の話、そして、それから生まれた独特の見方、考え方がとても興味深かったです。また、人間も含め、動物の意外な特技にもスポットが当てられています。「思い込みを覆す知識が満載」と書いているだけあり、とても楽しめました。

 

・しくじり動物大集合 

しくじり動物大集合

しくじり動物大集合

 

「すごい動物学」と同じ作者様ですが、こちらは小学生でも楽しめるような本です。タイトル通り、どうしてそんな進化したの…という動物の変なところが面白おかしく書いてあります。

 

動物・生き物の動画

ニコニコ動画講座

・ニコニコ動物図鑑

初代ニコニコ動物図鑑mylist/37066688

ニコニコ動物図鑑~間違い探し編~mylist/40359099

ニコニコ動物図鑑~あいうえお編~mylist/44321932

作者 ムカデ様

上の三つは同じ作者様ですが、それぞれ毛色が違います。初代は嫌われがちな生き物について、彼らはそんなに悪い奴らではないよ、という風味。間違い探し編は、似ているように見える動物同士、どこがちがうの、という話。あいうえお編は動物を、あいうえお順で紹介されています。

 

・ゆっくり珍生物図鑑 mylist/45719732

作者 いぬの@ドッグ様

哺乳類から昆虫まで、幅広い珍しい生き物について解説されています。毎回5分弱で簡潔に解説されているのが特徴。これまでに100話を超えており、ボリュームたっぷり。

 

・ゆっくり動物雑学 mylist/36847661

作者tyabotyabo様

動物の珍しい生態について、少し学術的な観点から切り込んで説明されています。同じ作者様の「ゆっくりの生化学講座」もオススメです。

 

  

いかがでしょうか。

ブログ初心者ですので、誤っている点などがあれば、ご指摘いただけると幸いです。

これ以外にも、動物の豆知識について面白い本、動画、サイトをご存知の方は教えていただけたら嬉しいです。 

 

ではまた。